結婚式でサプライズを成功させるためのコツ

結婚式の企画術

>

計画は秘密で

サプライズ企画は楽しみながら慎重に

ワイワイ、わくわく、当日の盛り上がりを考えながら、サプライズ企画を考えていくのはとても楽しいものです。
しかしながら、結婚式は一生に一度の大事なセレモニーですから、その大事な場が新郎新婦にとっても参加された皆さんにとっても、後味の悪いものにならないように、楽しい思い出になるように、決していい加減な気持ちで、単なる余興として軽々しく考えて企画を進めていくわけにはいきません。そういうことも踏まえて、企画を考えて、責任をもって、当日まで絶対にそのことをまわりにもらさないこと、決して新郎新婦にばれないように気を付けられること、結婚式の業者の皆さんもそのあたりを気を付けていただくことなど、企画メンバーの人選から、慎重に行う必要があります。

成功させるために

参加するメンバーが絶対に失敗しない企画にするために、無理をしないということも必要です。
たとえば、フラッシュモブに挑戦するとなったら、どういうことに注意が必要でしょう。
どのくらいの割合の招待客がフラッシュモブに参加できそうか、楽しんで参加してくれる仲間がどのくらいいるか、事前練習にどれだけ時間をさけるのか、練習場所を確保できるかどうか、会場で事前にリハーサルが可能か、リーダーとして全体を統括して進められる存在が確保できるのか、選曲とダンスを合わせて企画ができる人がいるのか、指導できるレベルの方がいなければ頼めるつながりがあるか、新郎新婦の友人知人でダンスが得意なメンバーがどの程度いるのか、こういったことを丁寧に考えていけることが大事です。
企画段階は、盛り上がりながらも現実的にきちんとポイントを詰めて考えていく冷静さも必要になります。


この記事をシェアする
TOPへもどる